ブログ

CC特許ツールの公開ディスカッションを開始しました

2010/04/02

今回、我々の新たな特許ツール(研究非係争誓約とパブリック特許ライセンス)についての公開コメント・ディスカッションをお知らせできてうれしく思います。我々の公開された wiki での議論に皆様を招待します。そこでは、これらのツールについて読んだり、関心がある話題についてのコミュニティに入ったり、あなたの考えや提案を投稿するために公開ディスカッションリストに加わったりすることができます。

これらのツールは、我々とGreenXchange(GX)とのコラボレーションの一部として考え出されたものです。GX は、特許されていないノウハウや特許された発明を公開して利用可能にすることに関心のある企業のネットワークです。ここで扱われるノウハウや発明は、イノベーション、サステナビリティ、資源管理、他のアイデアや発明の社会的に責任のある使用を促進する可能性があります。研究非係争誓約および公開特許ライセンスは、CC ライセンスが、創造的な作品を交換したり変化させたりするためのインフラの一部となったように、このような種類の知識をどのように共有や変換するかについての基礎となるインフラの一部となります。これらのツールは、当初は GX とのコラボレーションとして考えられていましたが、我々は、これらを誰でも使用できるように CC によって維持される汎用的なツールとして実現し、それらが将来他のプロジェクトでも同様に役立つようになることを期待しています。そういうわけで、コミュニティや広く一般からの全体的なコメントやフィードバックを得ることは、我々にとって大切です。

私は、時間、リソースを惜しみなく使って、アドバイスを提供してくれた多くの人々にも感謝したいと思います。特に IBM の Manny Schecter と Sandy Block は、IBM の非係争エコパテントコモンズでの彼らの経験を我々と共有するのに多大なる時間を費やしてくれました。Best Buy、Mountain Equipment Co-op、Nike、Yahoo! は、アドバイスやサポートだけでなく、インフラやツールに対する我々の取り組みに気前よく資金提供をしてくれました。Salesforce、nGenera、2Degrees、それから他の GX のパートナーは、彼らのサービスや技術的な専門知識を気前よく提供してくれました。Morrison

Foerster法律事務所は、気前よくプロボノ法律サービスと非常に貴重なアドバイスを提供してくれました。Ropes &

Gray の Michael Mattioli も、我々がいくつかの困難な特許の問題に取り組むのを支援してくれました。私は、貴重な支援をし、この取り組みにグローバルな視点をもたらしてくれた各国のクリエイティブ・コモンズのメンバーにも感謝したいと思います。それからこの取り組みにあたって、コメント、フィードバック、アドバイスを提供してくれた非常に多くの方々にも感謝したいと思います。このような形で関わってくれる気前のよいコミュニティがなければ、このプロジェクトが実現することはなかったでしょう。我々は、多くの方々に支援していただいていますが、このツールの作成に関して最終的に責任を持つのは我々であり、これらの支援者の方々の見解や寄与を示すとして解釈されるべきものではありません。

我々は、広く公開して、コミュニティを巻き込むことにより、我々が考えもしなかった新しいアイデア、視点を取り入れることを期待しています。それは、新たな法的なツールをリリースする我々のプロセスの不可欠な部分です。そのため、議論に参加するだけでなく、このテーマに関心のある友人や同僚にこのことを是非知らせてください。この記事のリンクを彼らに送って、wiki 上に投稿されたディスカッションリストに加わるよう呼びかけてください。