ブログ

生物材料の’共有の原則’

2009/06/12 by admin

生物学の実験材料、特に実験用マウスの共有について書かれたNatureの記事に現在アクセスできます。”共有の原則(The sharing principle)”と題されたこの記事は、CASIMIR主催のローマで行われた学会の結論を取り上げています。CASIMIRは、国際的にマウスの調整と維持を行うことを目的としたEUのプロジェクトです。

5月の会合は、科学分野における知の共有を議題としており、今回は研究サイクルにおいて不可欠な暗黙知であるマウスの系統やリソースの共有に重点的に取り組んでいます。サイエンス・コモンズの法務顧問であるThinh Nguyenは、この会合に参加し、実験用マウスの共有に関する我々の立場と、我々のMaterials transferの取り組みについて説明しました。この会合では、様々な国や機関(研究助成機関、学術関連、出版社、マウスのリポジトリなど)からの様々な人々が一堂に会しました。

この会合では、協力関係が強化され、技術革新が進み、プロセスの低コスト化と効率化が進むにつれて急速に増加する遺伝学的な成果やデータを利用するため、共有の問題が迅速に解決されるべきであるという結論に達しました。

このような活動は、ジャーナルが、著者に対して公開を求める厳格なポリシーを導入したり、研究助成機関が、マウスを公的なリポジトリに提供して利用可能にするか、または少なくとも他の研究室が自由に利用できるように出資したりすることによって始められるべきであると、このNatureの記事の著者は結論づけています。

これを達成するための設備や協力関係、そして技術はそろっています。我々のMaterial Transferの取り組みは、この一部を担っており、技術移転システムにおける混乱のいくつかを解消できるようにする標準化された、モジュール型の契約を使用して、実験材料がタグ付けされ、発見され、障壁なく流通されることを可能にします。共通の目標は、研究材料の移転に対する障壁を下げ、トランザクションコストを下げることです。これに必要なのは、ユーザーが共有に意欲的になることです。

我々のMaterial Transferの取り組みについてさらに知りたい方は、こちらのページをご覧ください。その背景を知ることや、MTA chooserにアクセスすること、最新のビデオを観ることができます。

3件のコメント »

  1. crowd@workouts.imaging” rel=”nofollow”>.…

    tnx!…

    トラックバック by tim — 2014/08/16 @ 16:11

  2. radiant@cant.holyoke” rel=”nofollow”>.…

    áëàãîäàðñòâóþ!…

    トラックバック by Shannon — 2014/08/17 @ 08:43

  3. gridley@repeater.chick” rel=”nofollow”>.…

    thank you….

    トラックバック by willard — 2014/08/18 @ 11:27

このコメント欄の RSS フィード トラックバック URL

コメントをどうぞ