サイエンス・コモンズについて

原文記事
About Science Commons

サイエンス・コモンズについて

(私たちの沿革と組織構造についてのより詳しい情報はこちら

何ペタバイトもの研究データが世界中の研究所で得られていますが、現在利用できる最高のウェブ検索ツールを使用しても、私たちがこれらを理解する助けにはなりません。なぜでしょうか?それは、基礎研究と意義のある発見の間に、検索よりも大きな問題があるからです。

今日では、多くの研究者が比較的孤立して作業しており、研究の行き詰まりや既存の研究の繰り返しがそのままにされています。データは、分断され、ファイアウォールの後ろに閉じこめられたり、契約によって留め置かれたり、アクセスすることも統合することもできないデータベースの中で失われたりしています。研究材料は、入手するのが困難です。大学は、助成金サイクルを通過する間、ルーチンワークになりがちな転送リクエストに埋め尽くされ、機会の窓は、閉ざされることになります。これは、創薬のような非常に重要な取り組みに何億ドルも投資して、結局失敗に終わってしまうのを見る研究のスポンサーにとって珍しいことではありません。

多くの場合において、この結果は、悲劇以外の何ものでもありません。遺伝子の識別から薬の開発までにかかる期間は、現在17年と、病気に罹っている人にとって永遠とも呼べる長さです。

サイエンス・コモンズには、研究サイクル、すなわち科学的手法の核心にある知識の生産と再利用を加速するように設計された3つの連動する取り組みがあります。

 科学的な研究の「再利用」 ― 私たちは、人々や組織が研究やデータを再利用できるようにオープンにしたり、マーキングしたりすることを支援します。詳細はこちら。

 研究材料への「ワンクリック」アクセス ― 私たちは、研究者が研究を容易に再現、検証、そして拡張することができるように、材料転送プロセスの合理化を支援します。詳細はこちら。

 バラバラな情報源の統合 ― 私たちは、共通のコンピュータ可読言語で情報をマーキングしたり、統合したりすることによって、分散された情報源からのデータを研究者が発見し、分析し、使用することを支援します。詳細はこちら。


サイエンス・コモンズの活動

私たちは、神経科学の分野における私たちの「構想を実現する」プロジェクトであるニューロ・コモンズにおいて、私たちのアプローチの3つの要素全てを行っています。ニューロ・コモンズは、誰もが使用することができ、誰もが基礎とすることができる、生物医学研究のオープンソース知識管理システムのベータ版です。